AACFOとキャットフードの関係とは

AACFOとキャットフードの関係とは

安全性の高いキャットフードを選ぶのは飼い主も安心ですし、猫も美味しくて安全な食事が食べられます。
しかしパッケージを見ても本当の意味で安全かどうかを判断するのは難しく、日本にはペットフード安全法はあっても、ペット先進国に比べるとまだまだペットフードの管理は万全とは言えません。

安心して与えられるキャットフードを選びたい時は、パッケージにAACFOという文字があるかどうか探してみましょう。
AACFOは米国飼料検査官協会の事で、キャットフードにもヒューマンレベルの基準を設けています。
ただしAACFOという記載があっても、どのように表示されているかにより信頼性も変わってきます。

AACFO基準製品と書いてあれば、信用して良いでしょう。
しかし中にはAACFO認定とか、AACFOクリアなど曖昧な表記をしているキャットフードがあります。
これは基準をクリアしておらず、よく見せるために勝手にそう表示しているだけの可能性が高いので、品質は保証されていません。

ただし一般に市販されているキャットフードのほとんどは、AACFO基準製品となっていますから、よほど粗悪な物ではない限りあまり差はありません。
またAACFO基準製品と正しい表記方法でも、これはあくまでも最低基準をクリアしているという意味です。
AACFO基準製品イコール、最高級品という事ではありません。

最低限の条件として、AACFO基準製品と書いてある事、それ以外にも使用している原料や生産した国なども細かくチェックして、安心できる物を見つけてください。
酸化防止剤や合成着色料、合成香料、合成保存料など猫の体に負担を欠ける成分を使用している物は極力避けておきたいキャットフードです。

有名なブランドやメーカーなら安心と考えますが、パッケージをよく見ると酸化防止剤や合成着色料が使用されている事も少なくありません。

よりペットの健康のことを考えるためにも、AACFO基準製品http://speed.on.arena.ne.jp/v2.0.7という表記だけで決めずに、成分は細かくチェックしてください。