キャットフードで食事療法をする場合

キャットフードで食事療法をする場合

猫も病気になる事はありますが、早期治療をすれば大抵は完治します。
病気になる原因はいろいろありますが、キャットフードに原因がある事も少なくありません。
この場合は粗悪なキャットフードや、キャットフードに含まれる成分なども原因になります。
食事が原因になっている場合、食事の見直しが必要ですが、食事療法を取り入れる事もできます。

猫は尿路結石になりやすい傾向があります。
もちろん体質なども関係していますが、マグネシウムの含有量が多いキャットフードを食べている事も原因です。
犬に比べてあまり水を飲まないのも原因ですが、尿路結石になったらフードの見直しが必要です。

尿路結石になっても薬や手術で治療できますし、完治もできます。
ただしフードに原因がある場合は、治っても同じ物を食べていると再発します。
そのため、尿路結石になったペットには、マグネシウムの含有量が極めて低く、尿路結石予防効果のある療法食に切り替えることが大切です。

もう一つ猫に多いのが、ストルバイトです。
これも尿結石の一つですが、尿路結石に比べて対処しやすい傾向があります。
石の種類が違うので、小さい物なら療法食で溶かす事ができます。
大きくなると手術で取り出す事もありますが、ストルバイトの方が療法食の治療効果は高くなります。

これらの療法食は市販されていますが、尿路結石やストルバイトの場合は、医師の診察と指示が必要です。
少し他のキャットフードよりも高くなりますが、尿結石の予防効果もあるので取り入れるメリットは多いです。

もちろん個体差もありますが、オスは尿結石のトラブルを起こしやすいので、キャットフードはマグネシウムの含有量が少ない物を選ぶのもいい方法です。
水をあまり飲まない猫もなりやすい傾向があるので、フードの水分量も考えて与えましょう。

猫の体調によって与えるキャットフードも変えることが必要です。
猫には尿結石のトラブルが多いので、そうなった時は獣医師の指示に従い食事療法http://cafebona.jp/jyuui.htmlを取り入れていきます。