むら食いをするときはどうキャットフードを与えればいい?

むら食いをするときはどうキャットフードを与えればいい?

猫にも個体差はありますから、何よりもご飯の時間を楽しみにしていて、あっという間に平らげてしまう子もいれば、1度にたくさん食べずにちょっとずつ、気が向いたら食べるという子もいます。
元々猫にはむら食いをする習性があるので、毎回きちんと食べなくても元気があるならそれほど心配はありません。
キャットフードによる食いつきの違いもあります。

猫は肉食動物であり、人に飼われるようになる前は自分で狩りをしていました。
自然界では毎日決まった時間に食事が食べられるわけではありませんから、獲物が見つからない日は食べずに過ごしていたので、元々むら食いの素質があります。
家でペットとして飼われている猫は、人から食事をもらいますが、元々むら食いの気質があるので、時々それが顔を出します。

昨日はキャットフードに飛びつくように食べていたのに、今日は見向きもしないというような時、元気があるか、熱や鼻水、咳や下痢がないかなどをチェックしてみましょう。
健康上問題がなさそうなら、単なるむら食いの気質が出ただけかもしれません。
この時心配だからなにか食べさせようと、美味しいおやつやご馳走を与えてしまうと、キャットフードを食べなくなる可能性があるのでおすすめできません。
猫も学習能力はありますから、食べなければもっと美味しい物がもらえると味をしめてしまいます。

こういう時は食べないようなら食器を下げてしまいます。
出しっぱなしにしていると、キャットフードの香りが飛んでしまうので、猫はお腹がすいても香りがしない不味いキャットフードは食べてくれません。
今すぐに食べなくても良いと考えているので、お腹がすけば次の食事の時間には普通に食べるようになりますが、置きっぱなしにせず食べない時はすぐに下げ、ラップなどで風味が飛ばないようにしておきます。

むら食いの傾向が見られる時は、少し運動させてみるのもいいかもしれません。
動けばお腹がすくので食べるようになります。

ただし1日以上全く食べようとしない場合は、むら食いではなく病気の可能性もありますから、早めに動物病院に連れて行って診てもらいましょう。