キャットフードとしてのミルクと牛乳は違うのか

キャットフードとしてのミルクと牛乳は違うのか

子猫が家で生まれた時や、生まれて間もない子猫を保護した時は、まだキャットフードが食べられませんので、ミルクを与えます。
この時人間用の牛乳は猫用に作られてはいないので、おなかを壊してしまう事があります。
猫にはキャットフードとしての、猫用ミルクを選びます。

人にとって体に良い物でも、猫にとっては害になる物があります。
基本的に人と猫では必要な物が違いますから、猫には猫用に作られたフードやミルクを選びます。
人の中にも牛乳が苦手で、飲むとお腹がゴロゴロする事があります。
人用に販売されている牛乳の中には、ラクターゼという成分が含まれています。
ラクターゼは乳糖の一種ですが、分解する酵素が少ない人はお腹がゴロゴロしてしまいます。
高度が足りている人は、ラクターゼの分解がスムーズに行くので、お腹がゴロゴロする事はありません。

猫はお腹が弱い人と同じで、ラクターゼを分解する酵素があまりありません。
このため人用の牛乳を飲ませると下痢http://www.northal.net/crossville/をします。
もちろん猫にも個体差はあるので、牛乳を飲んでも平気な子はいます。
猫用ミルクを用意するまでの間、やむを得ず人用の牛乳を与える場合は、冷たいままではなく温めてから与えます。

猫用の哺乳瓶か、スポイト、針が付いていない注射器のシリンジなどで飲ませます。
お腹を壊しやすい場合は、与え続けると下痢をして体力を消耗しますから、動物病院に相談してみましょう。
動物病院なら猫用のミルクがあるはずです。
ない場合はホームセンターやペットショップをあたってみましょう。

急遽必要になった場合でお腹を壊さないなら、牛乳を温めてのませてもOKですが、早いうちに猫用ミルクを用意してあげてください。
牛乳を与える時はブドウ糖を入れて栄養価を高めると良いでしょう。
ブドウ糖がない場合は、砂糖と卵黄で代用できます。

猫にミルクが必要な時は、できるだけ人用の牛乳ではなく、キャットフードとして作られた猫用ミルクを選んでください。
離乳食を作る時にも使えます。