豚レバー配合のキャットフードのメリット

豚レバー配合のキャットフードのメリット

猫は肉よりも魚を好んで食べるイメージがありますが、元々は肉食動物ですから、肉の動物性タンパク質は欠かせません。
魚も動物性タンパク質ですが、肉にしかない栄養や、風味は猫にとっても重要な意味があります。
市販されている肉をメインとしたキャットフードは原料もいろいろですが、少し価格が高くこだわりがあるキャットフードは、豚レバーを使った物があります。

猫が狩りをして食事を確保していた時代も、豚を狩る事はありませんでしたが、ねずみを獲った場合も内臓ごと食べていました。
つまり猫が必要としている動物性タンパク質の中には、心臓やレバーなども含まれています。
豚レバーには、動物性タンパク質はもちろん、ビタミンや鉄分なども含まれているので、キャットフードに配合すると栄養バランスが整います。
猫は体内でタウリンを合成できないため、タウリン豊富な豚レバーは理想的な材料です。
タウリンは猫の肝臓や目をサポートする効果も期待できます。

キャットフードとして考えると、ドライフードをイメージしますが、猫のために作られているという条件なら、おやつも該当します。
キャットフードにこだわりがあるメーカーでは、無添加の豚レバーを使ったおやつも販売されています。
おやつの食べ過ぎは肥満の原因となりますし、主食のドライフードを食べなくなる可能性もあるので、与えすぎには注意してください。
時々なら豚レバーのおやつも問題ありません。

おやつとして与えるとどうしても主食とのバランスが悪くなるという場合は、少し値段は張りますが、豚レバーを配合したキャットフードを試してみてください。

豚レバーを配合しているキャットフードは、ペット先進国として知られる安全基準が高いドイツ製の物があります。
安全基準が高い物は、原料にヒューマングレードを採用しているので、愛猫にも安心して食べさせられます。
価格高いのにもそれなりの理由はありますから、価格だけで選ばず、こだわりなども調べてみると良いでしょう。

高ければいいというわけではありませんが、猫の健康と安全を考えると価格もそれなりになります。
人気のキャットフードランキングも参考にしましょう。