新しいキャットフードへの切り替え方

新しいキャットフードへの切り替え方

猫が気に入っているからといって、いつまでも子猫用のキャットフードを与えていると、栄養価が高すぎて肥満や体調不良の原因になる事があります。
毎日食べる主食でも、年齢や健康状態に合わせて、切り替えて行くタイミングというのがあります。

キャットフードを切り替えるのは、年齢や健康状態などいくつかの理由があり、切り替えるタイミングと、切り替え方にもコツがあります。
まず切り替える時はいきなり違うキャットフードを食器に入れて食べさせるのではなく、今まで食べさせていた物に少しずつ混ぜて割合を変えながら、最終的に全部新しいフードに切り替えていくのが正しい切り替え方です。

突然キャットフードの内容が変わってしまうと、違うニオイを警戒して食べない事もありますし、食べたとしても成分などが違うと体がついていかず下痢をする事があります。
猫の食いつきなどを見ながら切り替えていきますが。大体10日から2週間くらい時間をかけて切り替えていきましょう。

初日は今まで通りの量に、新しいフードを数粒トッピングする程度で十分です。
嫌がらずに食べるようなら、翌日は新しい物を1割、今までのフードを9割と徐々に割合を変えていきます。
この時今までのキャットフードを無駄にしないためにも、切り替えつつ食べきれるようにタイミングを合わせてください。
病気のために食事療法をする場合は別ですが、それ以外は無駄にせず食べきれるよう切り替えて行くのもポイントです。

ダイエット目的で低カロリーのキャットフードに切り替える場合は、今までの物の方が美味しいと、新しいフードを食べないとか、食べても物足りないのでもっと欲しいと催促する事もあります。
こういう時は1日の量は変えずに、食事の回数を増やすなど工夫してみましょう。
年齢とともに変えて行く場合は焦る必要はありませんが、食事療法の場合は、今までのキャットフードに原因がある事も多いので、切り替えるタイミングも変わってきます。

切り替えるタイミングがよくわからない場合は、動物病院で相談してみましょう。