ウェットタイプのキャットフードは高いのか

ウェットタイプのキャットフードは高いのか

キャットフードには種類があります。
大きく分けるとドライフードとウェットタイプですが、この2つの違いは水分量にあります。
ドライフードはカリカリとしていて見た目にも乾燥しているのがわかります。
猫が食べる時もカリカリと音がしますが、水分量はゼロではないものの、僅か10パーセント程度になるため、ドライフードとは別に常に新鮮な水が飲めるようにしておきます。

ウェットタイプのキャットフードは水分量が75パーセント以上あるので、水をあまり飲まない猫にもおすすめです。
材料を煮たり茹でたりしてあるので、香りや旨みなども強く、グルメな猫も喜んで食べます。
素材の良さをそのままキャットフードにしているので、栄養価なども高く、食欲がない時にも良く食べてくれます。

食いつきも良いのでメリットは多いように思えますが、栄養価が高いという事はそれだけ材料にもコストがかかっています。
ウェットタイプのキャットフードは缶詰やパウチに入っていますが、1個あたりの量は少なく、猫がちょうと食べきれるサイズにしています。
小分けにもコストはかかるので、どうしても価格は高めになってしまいます。

またドライフードに比べて、未開封なら日持ちするというメリットはありますが、開封後は水分量が多い分早く傷みます。
開封後は当日か翌日までに食べきるようにして、冷蔵庫で保存してください。

食欲がない時にウェットタイプを混ぜると喜んで食いつきも良くなりますが、こればかり食べさせてしまうと、栄養価が高いので太る原因となってしまいます。
食欲がない時にドライフードにトッピングとして混ぜるくらいなら問題ありませんが、毎食ウェットタイプを食べさせていると、歯石が付き歯周病の原因となる事もあります。

キャットフードの与え方は、基本をドライフードにして、時々味に飽きないようにウェットタイプを混ぜたり、食欲が落ちたりしている時に食べさせるくらいがちょうどいいでしょう。

ウェットタイプのキャットフードは、メインとしてよりもトッピングや、特別なご馳走として考えておくといいかもしれません。